<< ポーキュパイン・ツリー/ジ・インシデント | main | アバター >>
2009.12.23 Wednesday

アバター 3D 前夜祭

0
    ロジャー・ディーンのクレジットはなかった

    今日は職場の忘年会なんですが、そんなものには目もくれず、行ってきました「アバター」前夜祭。やっぱりボクは引きこもりの気があるね。
    レイトショー料金に「3D特別料金」がプラスされて¥1,500というお値段はいかがなもんでしょう。これから3D作品が増えて来たらなんでも¥300アップなわけ?
    ボクの前に夫婦50割で50歳を超えるご夫婦が並んでたけど、やっぱり¥300アップの一人¥1,300でした。

    で、その3Dですが、ジェームス・キャメロンは「もう3Dじゃない映画は撮らない」と断言してますねえ。だって、サイレントからトーキー、白黒からカラーになったように、3Dになっていくのは当然の流れだよみたいなことゆうてます。

    で、その3Dですが、入り口で渡されたメガネがゴツい!USJの「ターミネーター」のようなちゃっちいモノじゃなくてゴツい!

    そして、かけ心地が非常に悪い。ボクのようにメガネをかけている人は苦労したはず。結局は3Dメガネを先にして、その上に普通のメガネをかけて見るのがマシだった。

    で、その3Dですが、座席を選ぶ時に注意することがります。
    スクリーン全体を見渡せるようなスクリーンから遠い席はダメです。つまりスクリーンの端っこの枠が見えたらせっかくの3Dがそこでちょん切れてしまいますから。だから、いつものボクのように前から5列目よりも前に座るべきです。ご参考まで。

    で、その3Dですが、始まって最初の5分ぐらいは「おぉ〜〜〜っ!飛び出す!飛び出る!奥行きが違う!」と興奮するのですが、だんだん慣れて来て、その立体感が当たり前というか、ごくごく自然に見えてきます。これは大成功です。3Dに違和感がないのです。
    どうだ!飛び出すだろ!立体的だろ!みたいな嫌味な感じがまるでなくて、普通にモノを見ているように、普通にその光景を見ているように、自然な映像、つまりいつも見ているように見えるのです。これはすごい!ホンマにすごい!

    今までにない全く新しい映像世界ですが、ひとつひとつのシーンのかもしだす雰囲気は「エイリアン」であったり「ラスト・サムライ」であったり「マトリックス」であったり「スター・ウォーズ」であったり、「もののけ姫」であったり、「ナウシカ」であったり、いろんな映画のエッセンスが感じられます。でもまたそれが楽しくてうれしくて。

    この映画は当たりますよ!


    JUGEMテーマ:この冬おすすめの一本!!(洋画)
     
    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << July 2019 >>
    Facebook
    Katsumi Imai

    バナーを作成
    いまヤンの本棚
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Recent Trackback
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM