<< ハンティング・パーティー | main | ダーティー・ハリー(1971) >>
2009.10.28 Wednesday

戦場からの脱出

0
    すさまじいサバイバル劇

    1965年ベトナム戦争初期の段階でラオスに墜落したパイロット、ディーターが捕虜になってえげつない扱いを受ける。そしてランボーで出て来たような収容所からついに脱出。そら、すさまじいばかりの生き延びる為の行為に身の毛もよだつ。

    ラストシーンのハッピーエンドは「ホンマかいな!」とつっこみたくなるが、なにやらベトナム版「ショーシャンク」か「生きてこそ」のような雰囲気もあり、ぐいぐい見入ってしまった。

    この映画を生き延びたクリスチャン・ベイルにとっては「ターミネーター4」の時代なんてへのカッパだろう。

    JUGEMテーマ:おすすめの一本!!(洋画)
     
    コメント
    アメリカといえばハッピーエンド。
    これはどうしようもないと思う。
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << January 2020 >>
    Facebook
    Katsumi Imai

    バナーを作成
    いまヤンの本棚
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Recent Trackback
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM