<< トム・ダウド いとしのレイラをミックスした男 | main | ミストとクローバーフィールド >>
2008.05.11 Sunday

ミスト

0
    悲惨!サイヤク〜!

     霧の中に何かがいる!
     この子と約束した!必ず守ると!
     霧(ミスト)の中には何が待っていたのか!
     映画史上かつてない震撼のラスト15分!

     霧だから一歩先は真っ白でな〜んにも見えません。でも、そこに何かがいる!さすがスティーヴン・キング!どきどきさせるのはウマイ!
     しかし問題のラスト15分は「映画史上かつてないイヤ〜な気持ちにさせる」サイテーな展開だった。もっと違うオチの付け方があるやろが!フランク・ダラボン!原作にはないエンディングをつけて、作者のキングさんに見せたら「おぉ〜!すっばらしいデスね。」と褒められたらしいが、これはアカンやろ!ホンマに嫌な気持ちになったで。そ、そ、そんなぁ〜…やで。
     ネタばれなので詳しく言いませんが、あともうちょっとでハッピーエンドだったのに、全く逆のサイヤクの選択だったのよね〜。あー、悲惨!あの男の子のセリフ「パパ、僕を怪物に殺させないでね」で予想はついたけど、このエンディングはあってはならんでしょう。

     ところで、この映画、別の意味ではとても面白い。
     なんと!『ゴジラ×メガギラス・G消滅作戦』と設定が非常に似ているのだ。
     襲いかかる怪物たちがメガニューラやメガギラスのデザインに似ているとか、怪物の親玉がメガヌロンの巨大版だということもあるけど、怪物たちが異次元からの侵入者であるという点がディメンション・タイドで異次元(ブラックホール)との境目に穴を作るというゴジラの設定と似ているところがおもろいね。

     おまけですが、狂信者&予言者のようなおばちゃんはジャニス・ジョプリンそっくり。アリオ鳳の出口を出る瞬間、外へ出るのを躊躇した自分に笑ってしまったで。



    公式ホームページ


    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    フランク・ダラボン監督作品「ミスト」
    フランク・ダラボン監督作品「ミスト」を見た。
    • 経理マンの営業日誌
    • 2008/05/12 12:13 PM
    Calendar
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << January 2020 >>
    Facebook
    Katsumi Imai

    バナーを作成
    いまヤンの本棚
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Recent Trackback
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM