<< なんや古臭い/ダーク・フェニックス | main | やっぱユア・ソングやな/ロケットマン >>
2019.07.04 Thursday

今しか通用せん/新聞記者

0

    新聞記者

     

    あっちではポリティカル・サスペンスゆうのん?いわゆる政治的なドラマゆうか、それも新聞社対政府(または大統領?)ゆう構図の映画は「名作」も「話題作」も豊富やねんけど、こと日本ではなかなか政治の世界に、それも現政権に切り込むのはほぼタブー扱いで、ちょっと情けないんやけど。

    でも、ついに日本でも「これは今、見とかんとアカンよ」と言える映画ができた。

     

    国家による情報操作、疑惑の大学誘致、官僚の自殺、レイプ事件のもみ消しなど、ははーん、アレのことやねと誰でも分かる事件をちりばめながら、大学誘致は実は医療用ではなく『軍事用』として・・・というフィクションも入れながらのポリティカル・サスペンスに成っていたね。

     

    なんか、今日、この映画のサイトが不正アクセスでサーバーがパンクして繋がらなくなっているというような話を聞くと、ナイチョー(内閣調査局)がネトウヨのふりしてやりまくってるのかとリアルに思ったりする。

     

    そのナイチョーの親玉が「この国の民主主義なんてカタチだけでいいんだから」というシーン。

     

    ここはよう言わせたなと感心した。

     

    ただ、なんで韓国の女優さんを使ったのかが分からん。ちょっとたどたどしい日本語も愛嬌やけど、設定からしても別に日本人でもよかったんちゃうんかな〜。服装も化粧もわざと地味地味で全く華がない感じが日本人では出せんゆうことか?

     

    ただ、意味のわからんスローモーションとか、長すぎるやろと突っ込みたくなる「心の葛藤」シーンとか、なんかしらんけど廊下を歩いたり、道を歩いたりする足元のクローズアップ。なんかリズムを狂わせてるように感じたなあ。

     

    でも、まあ、今、見とかんとアカンよ!とは思う。

    でも、今でないと、今しかアカンよとも思うのよね。

    そこが辛いとこかな。

     

    JUGEMテーマ:映画館で観た映画

    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>
    Facebook
    Katsumi Imai

    バナーを作成
    いまヤンの本棚
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Recent Trackback
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM