<< ジャッキーにこりともせず/ザ・フォーリナー | main | ちがうちがう!と言いながら/ゴジラ〜キング・オブ・モンスターズ >>
2019.05.24 Friday

初日の1回目/空母いぶき

0

    空母いぶき

     

    うーん、どうしても「政治的に」どうか・・・という話になってしまいそうやけど、映画としてどうやったんかゆうことで感想だけ。

     

    はっきりゆうてキャラが多すぎた。

     

    ネタバレ必至

     

    群司令の藤竜也は早々に退場してしまい、後はいぶき艦長と副館長だけの話になるところ、そこへ各護衛艦の艦長やらパイロットやら首相と内閣、官僚、たまたま乗船していたマスコミ2社の二人、コンビニの店長と店員と、いーろいろ出てくる。なかでも各艦長たちがややこしい。

    護衛艦いそかぜの館長は本気になると関西弁が出るというキャラでなかなか良かったし、ネットニュースの斉藤由貴も良かった。コンビニの話もうまいこと挿入されててアクセントにはなった。

     

    けど、やっぱり、あの二人。同じ方向を向いているようで、考え方が違うというところ、もっと鮮明に出して対立させやんとドラマにはならん。

     

    クリムゾンタイドのジーン・ハックマンとデンゼル・ワシントンとまでは言わんけど、ある程度衝突してもらわんと緊張感が・・・。そこへヴィーゴ・モーテンセンのようなキャラが一人だけ絡んでくるとかね。

     

    リアルな戦闘シーンゆうけど、なんか同じパターンの繰り返しやん。潜水艦はやしおの体当たりぐらいやな、どきどきしたのん。あれももっと高嶋政宏のキャラを荒くれ男にしたらおもろかったのに。「おいでなすったな」ぐらいじゃ足りんわ。

     

    佐藤浩市首相もたよりないんかしっかりしてるんか、どっちやねんゆう感じ。あれならシンゴジラの方がまだましや。

     

    ってことで、人間ドラマの部分も戦闘シーンのスペクタクルも「おしい、もうちょっと!」という感想でありました。

     

    ところで、そもそも防衛出動が発令されると、空母の艦長(群司令にはなったけど)があれだけ独断で判断してやってもええもんなの?あぶないなー。そこをもっとつついてサスペンス盛り上げていけたんちゃうんかな〜。

     

     

    JUGEMテーマ:映画館で観た映画

     

    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>
    Facebook
    Katsumi Imai

    バナーを作成
    いまヤンの本棚
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Recent Trackback
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM