<< 戦争ものでゾンビもの/オーヴァーロード | main | ジャッキーにこりともせず/ザ・フォーリナー >>
2019.05.15 Wednesday

期待したのに/轢き逃げ

0

    轢き逃げ〜最高の最悪な日

     

    水谷豊監督・脚本ということで期待大で行きました。

     

    ところがどっこい、脚本に無理があるなあ〜と。

    2時間ドラマなら許せるけど映画ならもうちょっと練ってほしいというか、即つっこみ入るような「おっかしとこ」が目立って、なんか楽しめんかった。

     

    ネタバレせん程度に文句ゆうとくと、(1)あいつの動機と計画はまあ無理やり理解してあげたとしても、それが現実にあんなにうまいことというか予想通りというか、万に一つのタイミングでああなるか??

    (2)あの人の境遇というか身分というか環境からして、なんであんなふうに「昭和の女,それも戦時中の女」みたいに待ってますと言えるわけ?そんなに心底惚れてた相手の態度があれなのはなんで??

    (3)あの二人、思いっきり同性愛的に描いておきながら、そこはなんにもなしにしたんは演出がおかしいんとちゃう??

    (4)右京さん、普通のお父さんしてる間はよかったのに、突然「右京さん」に覚醒して、あいつが犯人だと確信して器物破損+家宅侵入までした、その心は??

     

    あれ?完全にネタバレしとるがな!

     

    あと、まだあるけど、もうゆわんとくわ。

     

    岸部一徳と若い刑事の掛け合いはさすが「相棒」仕込みでおもろかったなあ。ここは良かった。

     

    クローン空撮のシーンがあるねんけど、ちょっと前までは大きな大きな長い長いクレーンでこうやって撮影したんだよぉ〜ってメイキングで自慢してたもんやけど、今では手軽にクローンでできるようになって、なんかありがたみが薄らいだというか、「おーい」の「せやろがい!」みたいにもう誰でも空撮できる時代やねんな〜と。

     

    そうそう、サブタイトルの「最高の最悪な」というとこだけ見て勝手に轢き逃げやねんけど最後は最高にハッピーエンドとかあるんかな?と思たけど、全然そーゆー意味ではなかったのね。ほんなら、このサブタイトル、いる??

     

     

     

     

    JUGEMテーマ:映画館で観た映画

    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930     
    << September 2019 >>
    Facebook
    Katsumi Imai

    バナーを作成
    いまヤンの本棚
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Recent Trackback
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM