<< いまヤン銀幕デビュー・・・のはず/花戦さ | main | まだまだイケるでぇ〜/ジーサンズ・はじめての強盗 >>
2017.06.25 Sunday

沖縄県浦添市前田高地/ハクソー・リッジ

0

    ハクソー・リッジ

     

     

    沖縄慰霊の日の次の日に日本で公開されたこの映画。戦争ってどんなもんなのかがはっきりと分かる映画でした。

     

    いわゆる戦争映画はどことどことの戦争か、描いている側がどちらなのか、どういう正義がどちらにあるのか、いろんな描き方がるけれど、見てる方はどちらかに肩入れしたくなるし、どちらかを応援してしまうし、勝ったか負けたかを気にするし、興奮してきたら「いけーっ、やってまえーっ」という気分にさせられるものなんですが、この映画は違いました。

     

    単純に沖縄の日本兵がやられるのを見てるのが辛いとか、日本が負けるのが嫌だとか、そーゆーことではなくて。

     

    ドンパチドンパチやってる、まさにその現場へ行って、やめろー、やめろー、もうやめてくれー!と叫びたくなる映画でした。

     

    テッポウの玉がビュンと飛んできて、ヘルメットを突き破り、頭を突き破る。機関銃の玉がビュンビュン飛んできて、人間の体をズタズタに割いていく。手榴弾がドカーンと破裂し足やら内臓やらがそこらじゅうに飛び散る。相手を殺さないとこっちが殺されるし、目の前で仲間たちがどんどん殺されていく。(そういう戦争の現実を第一次大戦で経験した父親を演じた、あのマトリックスのエージェント、ヒューゴ・ウィービングが素晴らしかった。)

     

    「汝、殺すなかれ」を貫き通したデズモンドの信念。その強い強い信念を、肩の力を抜いたような飄々とした雰囲気で演じたアンドリュー・ガーフィールドはどこか「フォレスト・ガンプ」を思い出させるし、看護婦さんとのロマンスは「パール・ハーバー」みたいだし、戦闘シーンは圧倒的である意味ホラーとも言えるほど。

     

    でも、戦争というものの現実をハクソー・リッジ(沖縄)という場所で見事に見せたこの映画は戦争をしたいらしいアベ内閣は必見です。

     

    「敵がいるんだ、敵が攻めて来るんだ、家族を国を守らなければ、だから銃を取るんだ。お前は銃も持てずにどうやって大事なものを守るんだ。」

    「分かりません。でも人を救うことは出来ます。」

     

    メル・ギブソンがどこまで言いたかったのかは分からんけど、ボクはこの「分かりません」と正直に答えたデズモンドのセリフが良かったなあ。どないしたらええんか分からんけど、分からんけどそれでも人を殺すんじゃなくて、人を救うんだと。救えるんだと。

     

    いや、マジで、えげつないけど、必見!

     

    JUGEMテーマ:映画館で観た映画

     

    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << July 2018 >>
    Facebook
    Katsumi Imai

    バナーを作成
    いまヤンの本棚
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Recent Trackback
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM