<< スタックス / ヴォルト・レヴュー VOL.1&2 | main | 素晴らしき戦争 >>
2012.10.14 Sunday

ナッシュビル

0
    建国200年のアメリカ

    ボクが初めてアメリカへ行ったのは1976年の春。

    深緑色(当時はまだカーキなんていう呼び方はなかった)のモッズコートを着て行ったら「お前はゲリラか」と言われるような時代。

    そんな時代のナッシュビル。

    ロバート・アルトマン監督といえば、「M☆A☆S☆H」「バード・シット」「ロング・グッドバイ」「相続人」ぐらいかな、見たのは。
    そんなに見たいと思わせる映画を撮る監督じゃないのよね、ボクにとっては。

    けど、当時のアメリカの雰囲気がプンプン・ムラムラで、あ〜そうだったよな〜、こんな雰囲気だったよな〜、70年代って・・・と思わせてくれる。

    ナッシュビルだからカントリーなんだけど、使われてる曲がいわゆる「カントリー」の曲じゃなくて、この映画のために書き下ろされた新曲?ばっかりなので、聞いてても全然カントリー、カントリーしてない。

    ぞろぞろ出てくる登場人物たち、総勢20何人!どう繋がるんだ??とイライラさせながらの2時間半!途中でイヤんなるけど、ラストのなにやらハラハラする瞬間だけはちょっと鳥肌もの。そうなるんだろうということは予想できたけど、それでも巨大な星条旗の旗のもとで起きる事件はドキっとさせられるよね。

    おもろかったのは、スコット・グレンの若いときの顔が見れたことぐらいかな。


     JUGEMテーマ:おすすめの一本!!(洋画)
    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << December 2019 >>
    Facebook
    Katsumi Imai

    バナーを作成
    いまヤンの本棚
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Recent Trackback
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM