<< 12万円 しっぽの先まで2m | main | クラッシュ >>
2011.08.02 Tuesday

スティング

0
    この映画を悪く言うのを聞いたことない

    1936年のシカゴか〜。

    高架の上を走る電車。高架下の鉄の柱に囲まれた、ちょっと雑然とした感じ。

    今とは全然違うけど、あの高架の鉄の柱を見たら、この映画と「ブルース・ブラザーズ」を思い出しますよねー。

    さて、ポール・ニューマンとレッドフォードの友情が身にしみますよね。

    殺し屋(なんと!あの女が!)から守るためにガードマン?雇ってくれてたり、警察からも追われなくなるように最後は死んだことにしてくれたり・・・。

    たぶん、フッカーは「FBI作戦」のこと、後で聞かされたんでしょうね。

    そう思った方が、ゴンドーフの心配そうな顔と、フッカーのなんとも言えないサンキューな表情が生きてくるもんね。


    最初はたぶんテレビの洋画劇場で見たはずだけど、それ以来、時々は見直して「映画はやっぱり脚本だ」と思い知らされる、本当にいい映画です。

    主役は「悪者」なのに、こんなに気持ちのいい「悪者」はいないですよね。

     JUGEMテーマ:おすすめの一本!!(洋画)
    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << December 2019 >>
    Facebook
    Katsumi Imai

    バナーを作成
    いまヤンの本棚
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Recent Trackback
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM