2017.06.25 Sunday

沖縄県浦添市前田高地/ハクソー・リッジ

0

    ハクソー・リッジ

     

     

    沖縄慰霊の日の次の日に日本で公開されたこの映画。戦争ってどんなもんなのかがはっきりと分かる映画でした。

     

    いわゆる戦争映画はどことどことの戦争か、描いている側がどちらなのか、どういう正義がどちらにあるのか、いろんな描き方がるけれど、見てる方はどちらかに肩入れしたくなるし、どちらかを応援してしまうし、勝ったか負けたかを気にするし、興奮してきたら「いけーっ、やってまえーっ」という気分にさせられるものなんですが、この映画は違いました。

     

    単純に沖縄の日本兵がやられるのを見てるのが辛いとか、日本が負けるのが嫌だとか、そーゆーことではなくて。

     

    ドンパチドンパチやってる、まさにその現場へ行って、やめろー、やめろー、もうやめてくれー!と叫びたくなる映画でした。

     

    テッポウの玉がビュンと飛んできて、ヘルメットを突き破り、頭を突き破る。機関銃の玉がビュンビュン飛んできて、人間の体をズタズタに割いていく。手榴弾がドカーンと破裂し足やら内臓やらがそこらじゅうに飛び散る。相手を殺さないとこっちが殺されるし、目の前で仲間たちがどんどん殺されていく。(そういう戦争の現実を第一次大戦で経験した父親を演じた、あのマトリックスのエージェント、ヒューゴ・ウィービングが素晴らしかった。)

     

    「汝、殺すなかれ」を貫き通したデズモンドの信念。その強い強い信念を、肩の力を抜いたような飄々とした雰囲気で演じたアンドリュー・ガーフィールドはどこか「フォレスト・ガンプ」を思い出させるし、看護婦さんとのロマンスは「パール・ハーバー」みたいだし、戦闘シーンは圧倒的である意味ホラーとも言えるほど。

     

    でも、戦争というものの現実をハクソー・リッジ(沖縄)という場所で見事に見せたこの映画は戦争をしたいらしいアベ内閣は必見です。

     

    「敵がいるんだ、敵が攻めて来るんだ、家族を国を守らなければ、だから銃を取るんだ。お前は銃も持てずにどうやって大事なものを守るんだ。」

    「分かりません。でも人を救うことは出来ます。」

     

    メル・ギブソンがどこまで言いたかったのかは分からんけど、ボクはこの「分かりません」と正直に答えたデズモンドのセリフが良かったなあ。どないしたらええんか分からんけど、分からんけどそれでも人を殺すんじゃなくて、人を救うんだと。救えるんだと。

     

    いや、マジで、えげつないけど、必見!

     

    JUGEMテーマ:映画館で観た映画

     

    2017.06.15 Thursday

    いまヤン銀幕デビュー・・・のはず/花戦さ

    0

      花戦さ

       

       

       

      エキストラ出演したはずのこの映画、さすがに1回見ただけではどこに映ってるのか確認できませんでした。

      たぶん、このへんのシーンやろなぁ〜と思えるところはあったけど、隅から隅まで探してるヒマもなく、見つけられませんでした。

      しゃーないからDVDレンタルしてゆっくり探すとすっか。

       

      映画は、生け花の池坊専好はんが秀吉の横暴ぶりを花で諌める話で、笑いあり真剣な眼差しありでまあまあ合格点クラスだと思いますが、森川葵がかわいらしかったな〜と。

       

      JUGEMテーマ:映画館で観た映画

      2017.06.12 Monday

      絶好調!マーク・ウォールバーグ/パトリオット・デイ

      0

        パトリオット・デイ

         

         

         

        監督のピーター・バーグと主役のマーク・ウォールバーグは「ローン・サバイバー」「バーニング・オーシャン」でコンビを組み、これが3作目。テッドのマークくんはずば抜けたビッグネームではないけれど、普通の人を演じられるコンパクトさで得してるよね。

         

        爆発が起きるのが分かっている展開が逆にドキドキさせる。いわゆる逆カウントダウンの法則(←ボクが勝手にゆうてるだけやけど。何が起こるか分かってても、だんだんそれが近づいてくるときのハラハラ感は突然起きる事件と同じぐらい、時にはそれ以上のインパクトがある)で、手に汗握る。

         

        時系列に沿って語られる犯人逮捕までのストーリーは事実に基づいているんだけど、そこはうまいことエンタテインメントにしてくるところが、この監督の腕。

         

        テロの犯人はきっちり逮捕はするが、犯人を恨むとか憎むとか、そういう感情ではなく、被害を受けた人たちと共にボストンという街全体で「愛情」を持ってお互いに支えあおうという『BOSTON STRONG』のメッセージがいいね。

        そんなキレイごとを・・・と最初は思たけど、実際の当時の映像や関わった人たちへのインタビューを見てると、ボストンという街の思い出も蘇ってきて、最後はまたまた涙・・・。弱いなー。

         

        爆発で死亡した8才の子どもの遺体をすぐに動かせなくて(捜査のため)その場に横たえさせたまま半日ほど警官がすぐ横で見張って立っている。微動だにせず立っている。やっとのことで救急車が来て、子どもを乗せて行く時、そばにいた警官や捜査中の警官たちが敬礼で見送るシーン。頭が下がる思いだったな。

         

        パトリオット(愛国心)とは国民個人々々を愛することと見た。

         

        JUGEMテーマ:映画館で観た映画

        2017.06.08 Thursday

        ほんまに老眼やった/ローガン

        0

          ローガン

           

           

           

          最初はローガン、復習に燃える殺人マシーンになってウルヴァリン、そして老眼になってローガン。

          スーパーヒーローの子ども時代から青年期(年とれへんから長〜い間青年やったのに)まではすでに語られているけど、ついに老いてしまったローガンが描かれる。

           

          さらに新しいミュータントも登場するけど、まだ子ども。

           

          その子どもがウルヴァリンよりも強力な殺人マシンで、ブスブスと刺す刺す殺す殺す。北斗百烈拳!ほあたたたたたたたたーっ!

           

          はい、もうこの段階でこの映画はボクには許せん映画になっちゃいましたね。子どもが人を殺したり、または殺されたりするシーンは見たくないのっ!わざわざ映画でそんなシーン見たくないのっ!だめーっ!

           

          「シェーン」のシーンをちょこっと出すんなら、子どもミュータントには人殺しを絶対にさせないローガンを描いてほしかった。

           

          残念でした。

           

          JUGEMテーマ:映画館で観た映画

          2017.06.01 Thursday

          ゆうれいじゃなかった/ちょっと今から仕事やめてくる

          0

            ちょっと今から仕事やめてくる

             

             

            ボクだって会社員経験者、それも営業やったから、この話はなんかよう分かりすぎて身につまされるものがあった。出社拒否症みたいなんで家は出るけど会社には「休む」ゆうて電話してランボー3本立てを見たりして時間つぶししてた頃もあったんや。ひえ〜ん(泣)

             

            で、そんなときに助けてくれる人がいるかいないか、いないかいるか。

             

            福士蒼汰のヤマモトは神様のように幽霊のように現れて、青山くんを助ける。

             

            やっぱり幽霊なん?神様なん?  ヤマモトの正体は??

             

            ほほー、そうきたかー!(ネタバレ書きません

             

            やすきよの漫才のDVDを見て勉強したという福士蒼汰の大阪弁は合格点だ!

             

            映画を見る前、ポップコーンとコーヒ買おうとしたら「いまいセンセですよね」とカウンターのお姉ちゃんに声をかけられ、「えーーっ」思て顔見たけどようわからん。名前ゆうてくれたけどまだ分からん。姉が担任してもらってた+私自身は受け持ってもらったことはない+でも英語を教えてもらってた=まだピンと来ん。

            ところが名前の漢字を「竹」じゃなくて「武」に変えた途端に『あ"−ーー』思い出した。

            「ゴジラのとき、しょっちゅう来てましたよね」

            おいおい、そんなとこまで見られてるのかよ。事務次官並みやな。

            けったいな映画見られへんがな。

             

            で、映画見ながら、その教え子のことを思い出したりしてたから、なんか、思い出すことが多い映画だったなあ〜と。

             

            それと福士蒼汰の髪型が知り合いのヤツ(ナックとか中○家とかゆうセンセ)に似てるんで、ワロタ。

             

            号泣必至というイメージやけど、ほわんとした感じでした。

             

            JUGEMテーマ:映画館で観た映画

             

            2017.05.20 Saturday

            時間は流れるものではない?/メッセージ

            0

              メッセージ

               

               

               

              これはなかなか考えさせられる、"TIME"をテーマにした超SF映画でした。

               

              エイミー・アダムス扮する言語学者が宇宙人の「文字」を解読していくんやけど、人間の思考というのはその言語によって変わるという考え方があるそうで、ちょっと考えてみたらそれはあることで、日本語的な考え方と英語的な考え方はやっぱりちゃうやん。ってことは地球人の言語での考え方と、それとは全く違う宇宙人の言語での思考方法というのは当然違ってくるよねえ。で、この映画のテーマは「時間」ゆうもんは、どんどん流れて過ぎ去ってしまうものではなかったら?ということ。

               

              過ぎ去った過去のことは人間の記憶に残り、忘れ去られるものもあれば、一生残るものもある。でも、まだ起こっていない未来のことは分かるわけがない。時間は同一方向にだけ進むもので、その逆はない。

              ところが、もしも、そうではなかったら・・・。

               

              ネタバレは避けて言うのは難しいけど、釈然とせん部分があるにはあるんやけど、それでもSFでこういう気持ちにさせられるのんって・・・なかなか良かったかも。

               

              古いところでは「コンタクト」、新しいめでは「ゼロ・グラビティ」かな?

              それぐらい、レベルが高かったなあ〜と。

              よかったわ。

               

              カンケーないけど、フォレスト・ウィッテカーって、あんな声やったっけ???

               

              この監督、日本へのリップサービスのつもりで「あの宇宙船は『ばかうけ』を参考にしたんだ」とかイランことゆうから、ホンマにばかうけか柿の種にしか見えへんようになってもうたがな。ドン引きじゃ!

               

              JUGEMテーマ:映画館で観た映画

              2017.05.18 Thursday

              アベンジャーズかよっ!/スプリット

              0

                スプリット

                 

                 

                監督のナイト・シャマランはあの「シックス・センス」のように『へーーーっ!そうやったんかーーーっ!』と客をびっくりさせる仕掛けがうまいこと行ったらメチャクチャおもろいんやけど、その後の作品のように『なーんや、そーゆーことやったん?ふ〜ん』程度にしかうまいこと行けへんかった場合はどーしよーもないという人でね。

                 

                でも、その「シックス・センス」の大成功のお陰で(そのせいで)「ひょっとしたら、また(または、今度こそ)、びっくりさせてくれるかも・・・」と裏切られながらも新作に期待して・・・と、知らん間にほとんど見てしまっているということになってて、自分でもなんで?と思うんよね。

                 

                で、今回の「スプリット」はというと、なにしろネタバレした瞬間におもしろくなくなるから、なーんにもゆわれへんねんけどさ。

                 

                精神科の医者みたいなおばちゃんが途中で言うセリフで「まさか、そういう展開になるんじゃないでしょうねー」と心配したんやけど、コピーにあるように24番目の人格ゆうのがホンマに現れて、おいおい、どーするんよと思てたら、最後の最後にクレジットもされてない、あの大物俳優がチラッと登場して、まさかのアベンジャーズになってるので大爆笑。

                 

                しかし、このネタ、ナイト・シャマラン作品を全部見てる人じゃないと分からんで。この人、一体自分を何様やと思てるんでしょうかね。分からん人やわー。

                 

                JUGEMテーマ:映画館で観た映画

                2017.04.30 Sunday

                地元の沢口靖子/校庭に東風吹いて

                0

                  校庭に東風吹いて

                   

                   

                  泉北ニュータウンのまちおこし50周年イベントゆうことで地元泉北出身の沢口靖子主演、ロケ地も泉北ニュータウンという映画『校庭に東風吹いて』の上映会に行ってきました。

                   

                  上映後に沢口靖子本人も登場して、堺市長と対談ゆうのもあるゆうからね、そっちメインで。

                   

                  映画の方は場面緘黙の子と家庭の貧困で荒れる子をメインにした、いわゆる学校もの・先生もので、現場の教師としては「???」なところも当然あるんですが、まあまあよくある雰囲気の、まあまあよくある程度の内容でした。

                   

                  それよりもボクとしては、「84ゴジラ」での沢口靖子がタンスにゴン!を経て、いまでは科捜研の人でおなじみとなっているわけですが、本人登場の瞬間の場内のどよめきと彼女の発するさすがは女優というオーラがびっくりでした。

                   

                  地元やからということで、もっと気さくにオバちゃんオバちゃんなキャラで来るんか?と思いきや、完全に大女優というスタンスで終始押し通したんが「へぇ〜〜〜っ」という印象でした。

                   

                  で、映画では沢口靖子のお母さんをやった星由里子も、これまたゴジラファンにはおなじみやし、旦那役の村田雄浩もゴジラ映画経験者。さらに校長先生にひし美ゆり子ときたら特撮ファンなら涙・涙でしょう。

                   

                  さらに薬局のおっちゃんに大塚まさじ!まで登場するとは・・・!!

                   

                  というわけで、映画どうのこうのよりも、その配役が大受けした映画なのでした。

                   

                  JUGEMテーマ:映画館で観た映画

                   

                   

                  2017.04.22 Saturday

                  この臨場感スゴイ!/バーニング・オーシャン

                  0

                    バーニング・オーシャン

                     

                     

                    うまいこと邦題つけたなあ〜と感心。全くそのとおりだった。

                     

                    さて、アリオ鳳のTOHOシネマズ、金曜日のレイトショー。劇場ロビーは超満員。なんじゃ?と思たら「美女と野獣」やった。なーるほど。カップル多いわけや。

                     

                    それに比べてバーニング・オーシャンは男臭いダサ男のマーク・ウォールバーグだから?オッサンが断然多い。

                     

                    これもまあ、かなりネタバレな映画(実話だもん)やけど、デザスター系としてはかなりの高レベル。

                     

                    お金をケチってきっちりしたテストもせんと石油を掘削しようとしたもんだからドカーンとなっちゃうんやけど、その金の亡者みたいな経営者側のオヤジがジョン・マルコビッチというなんともけったいな配役で、このハゲのおっさんがそっちにおるか??という感じ。

                     

                    カート・ラッセルも狂った系なのに非常にまっとうな性格のリーダー。これも不思議な配役。

                     

                    マーク・ウォールマートは「まんま」やったな。

                     

                    それにしても、このドカーン・ボカーン・ガッシャーン・ボーボーボーゆう爆発〜火災シーンは壮絶の一語。すさまじいで。

                     

                    こっちは座って見てるだけやのに、痛さ・熱さ・怖さをひしひしと感じたもん。この臨場感はハンパないっ!

                     

                    大画面で観ることをおすすめするっ!

                     

                    JUGEMテーマ:映画館で観た映画

                    2017.04.20 Thursday

                    3月じゃない方のライオン/LION〜25年目のただいま

                    0

                      LION ライオン〜25年目のただいま

                       

                       

                      見る前から完全にネタバレしている、いかにも「お涙頂戴」的なお話だからか、平日午前中の客席はジジババ、ババババで埋まっていた・・・が、ジジババ、映画の途中でトイレに行きすぎ〜!ひっきりなしじゃ。

                       

                      さて、このネタバレ映画を良質の映画にしているのは何か。

                       

                      それは主人公のサルーの見たもの聞いたものと頭の中にある記憶だけでドラマを展開させたこと。

                      つまりサルーがいないところでの勝手なドラマは完全に排除したおかげで、見てる人はサルーと同じように見て聞いて経験して想像できるのだ。

                      サルーの与り知らないところで起きたであろうお話はないから、変な小細工で感動させようとか、はい、ここでちょっと涙ねというようなシーンもない。

                       

                      前半は小さいサルーが迷子になって一人ぼっちで行きていく様子。それを見ているだけで泣けてくる。インドの現実に唖然とする。今でもこんな状態なんや。

                      後半は大人になってニコール・キッドマン(うまいっ!)夫婦に気を使いながらも本当の母親を探すサルー。恋人のルーニー・マーラとのごちゃごちゃはちょっとイランかったかも。

                       

                      「マリーゴールド・ホテル」のすっとぼけた兄ちゃんがガラッと変わって、真剣に悩むとことか良かったなあ。

                       

                      で、最後は分かってるように実の母親との再会。母をたずねて三千里ですがな。

                       

                      う〜ん、グーグル・アース、こんな役に立つこともあるんやね。

                       

                      JUGEMテーマ:映画館で観た映画

                      Calendar
                          123
                      45678910
                      11121314151617
                      18192021222324
                      252627282930 
                      << June 2017 >>
                      PR
                      Facebook
                      Katsumi Imai

                      バナーを作成
                      MoMA STORE
                      MoMAstore
                      いまヤンの本棚
                      Selected Entries
                      Categories
                      Archives
                      Recent Comment
                      Recent Trackback
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Recommend
                      Links
                      Profile
                      Search this site.
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered by
                      30days Album
                      無料ブログ作成サービス JUGEM