2018.08.14 Tuesday

スマートなオーシャンズ健在/オーシャンズ8

0

    オーシャンズ8

     

     

    ジョージ・クルーニーのというか、スティーブン・ソダーバーグのというか、オーシャンズ・シリーズの「だ〜れも死なないスマートでクールなおもしろさ」がきっちり詰まった面白い映画だった。

     

    ゼロ・グラビティ、デンジャラス・バディから5年ぶりのサンドラ・ブロックはもうとっくに50を超えてるのにアレやもんなー。

    だまされっぱなしかと思われたアンちゃんも最後はきっちりやってくれるし。

    ラストのネタばらしでは全部見てたはずのこっちもだまされてたし。

     

    おもろかったー!!

    結構笑わせてもらったし、ほんま満足です。

     

    2018.08.07 Tuesday

    むちゃくちゃおもろい!/ミッション・インポシブル

    0

      ミッション・インポッシブル/フォールアウト

       

       

      もうほんま2時間ちょい、ずぅーっとおもろかったわ。

       

      いつものスパイ大作戦的なオープニングから、さて本題に移りましょうとなり、例によって誰かが悪モンで、信用できるのはいつものメンバーだけ。

       

      スピード、スピード!アクション、アクション!お笑いもあり!

       

      きゃー、あぶなーいっ!

      きゃー、こわーいっ!

       

      トム様対スーパーマンの戦いだぁ〜〜〜!

       

      えぇーっ、ちょ、長官〜〜!

       

      ジュ、ジュリア〜〜!

       

      もう、最後の展開には見てる方も息がハアハアなってきたよ。

       

      ほんま、おもろかったわ〜!超・満足!!

       

       

      JUGEMテーマ:映画館で観た映画

      2018.07.24 Tuesday

      恐竜さんがかわいそう・・・/ジュラシック・ワールド

      0

        ジュラシック・ワールド〜炎の王国

         

         

         

        怪獣大好きですから恐竜いっぱいのこのシリーズも好きです。最初の3部作は恐竜がなかなか出てこなかったり、話がダラダラしてるのでしんどかったですが、新シリーズになって出し惜しみは全くなくなり、バンバン最初っから出まくりです。

         

        なんでもかんでも「あっという間に」展開していきます。

        炎の王国の島の話はあっという間に終わっちゃうし、新種の恐竜もあっという間に登場するし、恐竜たちが暴れだすのもあっという間の出来事だし、なんでもあっという間で、ついに恐竜は現代の人間と共存するようにあっという間になってしまうのです。

         

        ある意味、このスピード感があるから最後まで楽しんでワクワクドキドキハラハラしながら見てられるんやけど、結局、話がむちゃくちゃやな!という印象しか残らないところがアレですが。

         

        まあ、怪獣好きなら着ぐるみをかぶったロボットやら、これはギニョールやなとか、そういうところも楽しめるんで、よかったんちゃうか?

         

        子どもが見たら怖すぎるかもね。

         

         

        JUGEMテーマ:映画館で観た映画

        2018.07.08 Sunday

        また核爆発かよ/アメリカン・アサシン

        0

          アメリカン・アサシン

           

           

          アメリカンゆうぐらいやからチョット薄めの殺し屋か?と思たら、婚約者を殺され復習に燃えるキレまくりの殺し屋やんか。

           

          そいつをCIAにスカウトして鍛え上げるのがマイケル・キートン。

           

          ほんで、またもや、プルトニウムが悪者の手に渡り核爆弾が・・・という、昔からなんべんも繰り返される、よくあるお話でございます。

           

          あげくのはてに海中でドカーン!地中海に展開するアメリカなんとか艦隊が・・・という見せ場を作ってるけど、なんかテレビの2時間ドラマのように話がポンポン進んで、飽きさせないようにアクション、カーチェイス、残酷シーンと見せ場の連続で、なんか安っぽい。

           

          で、結局、アメリカは核爆弾がドカーンいくのを見たくてしゃーないっちゅうわけやな。自分とこでやっとけや。

           

          いかにもノー天気なお気楽核爆発映画でした。

           

          でもまあ、おもろかったけどな。

           

          どっちやねん!

           

          JUGEMテーマ:映画館で観た映画

          2018.06.30 Saturday

          もう泣けてきて/ハン・ソロ

          0

            ハン・ソロ〜スターウォーズ・ストーリー

             

            ネタバレは書かんとこ。

             

            もうネ、ハン・ソロとチューイのとんでもない出会いから、二人の友情というか深い深い信頼というか、お互いを認め合い尊敬しあった、その過程に、もう泣けてきて泣けてきて。

             

            だって、ハン・ソロはこの後ついに死ぬんですよ。

             

            チューイの悲しみがめちゃくちゃ分かるのよね、これ見たら。

             

            だから、もう、二人のシーンを見てると泣けてきて泣けてきて。

             

            うん、いい映画でした。

             

            また行くからな!

             

             

            JUGEMテーマ:映画館で観た映画

            2018.06.17 Sunday

            文部省選定優良映画/ワンダー

            0

              ワンダー〜君は太陽

              原作読んだときから映画はこうなるんだろうなと思てたとおりの映画だったな。

               

              きっちり泣かされてきましたwww

               

              ジュリア・ロバーツがあの大きな口でガハハと笑うシーン、ええなあ。とうとうプリティウーマンもお母さん役がハマるようになってきたか。

               

              原作のように、主人公がオギーからお姉ちゃんになったり、学校の友達になったり、お姉ちゃんの友達になったりして、オギーも大変やけど、実はそれぞれに大変で。つまり、オギーだけが普通じゃないってことからスタートするけど、じゃあ普通の子はなーんにもないんか?ってことになって、そんなことないじゃん、普通の子だっていろいろしんどいことあるじゃん。ってことは普通ってなによ。と、そういうお話やねんな。

               

              ほんまはもっと掘り下げていったら、それぞれにドラマがあるんやけど、この尺やからかなり端折って。セリフ一言で説明しちゃったりしてすっ飛ばしたけど、まあ、分かるっちゃあ分かるからまあええか。

               

              監督は戦艦ポチョムキンみたいな名前のしらん人やけど、撮影は有名なドン・バージェスじぇす。

               

              いかにも文部省選定優良映画でした。

              もっと「毒」あってもよかったな。

               

              JUGEMテーマ:映画館で観た映画

               

               

              2018.06.11 Monday

              安藤サクラ!/万引き家族

              0

                万引き家族

                 

                 

                平日朝いちだというのに(だから?)じじばばでほぼ満席。カンヌ国際映画祭パルムドール受賞効果絶大。

                 

                なんでか知らんけど、是枝裕和作品、意外と見てるねん。

                 

                で、コレ。

                 

                家族だけど、ぜんぜん実は家族じゃない。

                だけど家族として十分に機能している、それどころか、そんじょそこらの家族よりよっぽど「家族らしい」。

                でも実は家族じゃない。

                でも家族。

                だったら家族ってなんなんだ!

                これぞ是枝映画。

                 

                リリーさん、樹木希林さんはゆうに及ばず、ボクはぜんぜん知らん人やけど、安藤サクラ!

                もう、この人に尽きる。

                すごかったな。

                無表情の表情がすべてを語り尽くす。決してどならない、抑えた?演技ですべてを分からせる。

                すごいな。

                安藤サクラ、覚えとこ!

                 

                ここで文句をゆうとことちゃうけど、ここぞというところで「どなる」人が多い中、どならないで演技ができる人、いいよね。

                 

                じわーっとくる映画でした。

                 

                JUGEMテーマ:映画館で観た映画

                2018.06.02 Saturday

                どケチ!/ゲティ家の身代金

                0

                  ゲティ家の身代金

                   

                   

                  どケチの石油王ゲティのおっさんが孫を誘拐されても身代金なんか払うか!と、その間も美術品を買い漁ってるという・・・そんな状況でママは子どもを取り戻せるのか!という設定は面白くなるはずだったのに。

                   

                  超がつくほどの大豪邸なのに客が電話を使わせてくれと言ったら、家の中に公衆電話を設置してあって「これ使え、小銭の両替もするで」というぐらいのどケチな爺さんにはあきれた。

                  誰も助けてくれへんから自分で誘拐犯と交渉して暴走するんか?と思われたママも、最後には大金持ちになれてにんまり?なんじゃ、そりゃ。

                  どケチじじいに雇われた元CIAの兄ちゃんもママを助けて活躍するんかなと期待したけどなーーんにもしなかった。

                  犯人グループの一人は誘拐してきた孫になぜか親切で意味分からん。

                   

                  ということで、「あんまりおもろない事実」にもとづいてリドリー・スコットが作った「あんまりおもろない映画」でしたわ。

                   

                  JUGEMテーマ:映画館で観た映画

                  2018.05.05 Saturday

                  ほんまに全滅!?/アベンジャーズ

                  0

                    アベンジャーズ〜インフィニティーウォー

                     

                     

                     

                    アベンジャーズ勢揃いで最強の敵サノスと戦う・・・アベンジャーズが全滅するという前宣伝やったけど、ほんまはどないなるんや??と意気込んで見に行ったが。

                     

                    全員集合のはずがホークアイおれへん。おれへんかったよなあ!

                    アントマンもおれへん。おったけど小さすぎて見えへんかったんか?ちゃうよなあ。

                     

                    まあええわ、この前のんで「俺なんか武器ゆうたら弓矢やで」と文句ゆうてたし、一回休みね。

                     

                    ネタバレ!

                     

                    で、ほんまにサノスが勝ってアベンジャーズが負けて、宇宙の生命体の半分は消滅する。チリのようにぱらぱらーっと粉になって霧散してしまう。アベンジャーズも半分消えてしまう。で、そこで終わり!!えーーーーーーーっ!やろ?また「続く」かよぉーーーーーーっ!!やろ。まあ、しゃーないわな、マーベルも商売やし。

                     

                    で、お約束のエンディングロールの後のおまけシーンで、ニック・フューリーまでもが消えちゃう!しかし、消える寸前にポケベル?で呼んだのは・・・なんと・・・あのマークは・・・キャプテン・マーベルだったのだぁああああ!!

                     

                     

                    さて、今回は謎のままだったハルクの「NO」、ガモーラだけが知っている、サノスも知らない秘密とは。そして今回出番がなかったホークアイの復活とキャプテン・マーベルの登場・・・インフィニティーウォー・パート2は「また来年ねー」ってことですか。

                     

                    まあ、ぞろぞろ出しすぎた総勢24人のアベンジャーズをサノスのせいにして半分に減らしたので、次作はちょっと話も整理できるのかな??150分は長いわ。

                     

                    しかし、キャプテン・アメリカ、ヒゲぼうぼうでそこらのオッサンになってたけど、政府となにがあったん??もう国旗を身にまとうことはやめたん?

                    前回、ハンマーをなくしたソーに今度はオノを作ってくれたドワーフといえば、例によって、こういう役にはこの人しかいないという、ピーター・ディングレイでしたね。

                     

                    ブラックパンサー大当たりで、コレも全米じゃすごい興行収入らしいけど、はっきりゆうて、映画としてのレベルはおこちゃまやね。まあ、それを見に行って喜んでるこっちもたいがいやけどなwww.

                     

                    JUGEMテーマ:映画館で観た映画

                    2018.04.16 Monday

                    50年の隔たりが交わる時/ワンダーストラック

                    0

                      ワンダーストラック

                       

                       

                       

                      分厚い洋書の原作では70年代のベンの物語は「文章」で、20年代のローズの物語は「絵」のみで描かれるという方法だったけど、それを映画では70年代のニューヨークの雰囲気をこれでもか!というほど画面の中に散りばめ塗りたくって、超忠実に再現。ローズの方はさながらサイレント映画のようにモノクロっぽい映像にセリフがない分音楽にすべてを語らせるという手法。なーるほど。うまいなあ〜。

                       

                      ローズとベンが50年の時の隔たりを結びつけるキンケイド書店でのシーン。

                       

                      ホントならグワーッとテンポよく盛り上げて欲しいところ、なにしろ耳が不自由な二人なので手話と筆談になって、まどろっこしい、はよせーやという気持ちになって残念。原作の文章読んでるときは感じなかったけど映画になるとここはちょっとアレやったな。

                       

                      そのあとの期待してたミニチュアで語るベンの両親のストーリーも意外とあっさりしてて「え?これで終わり?」という感じで。ここもちょっと残念。

                       

                       

                      だけど、自然史博物館は2回行ったことがあるだけに思い入れも思い出もあり〜ので、画面に映ってるだけでうれしいやら懐かしいやらで。

                       

                      なんばパークスシネマズはお初やったけど、となりの席との間がかなり離れていて、贅沢なシートでよかったな。それでも最後はお尻痛くなってきたから、映画的には大満足という出来ではなかったのかも・・・。いい映画やったけどね。

                       

                      JUGEMテーマ:映画館で観た映画

                       

                       

                      Calendar
                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      262728293031 
                      << August 2018 >>
                      Facebook
                      Katsumi Imai

                      バナーを作成
                      いまヤンの本棚
                      Selected Entries
                      Categories
                      Archives
                      Recent Comment
                      Recent Trackback
                      Links
                      Profile
                      Search this site.
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered by
                      30days Album
                      無料ブログ作成サービス JUGEM