2019.06.14 Friday

樹木希林presents/エリカ38

0

    エリカ38

     

    樹木希林presentsとクレジットにあるように、この映画、この投資詐欺事件で60超えたオバハンが捕まって実は38やと年をごまかしてたみたいな話で世間が湧いたとき、「これ、美代ちゃんがやればおもしろいのにね」と浅田美代子に電話してきて「こんなの、オファーこないですよ」と答えたら、こっそり「企画」という役回りで動いてくれて(たぶん出資もしたんでしょうねえ)映画化にこぎつけたという。

     

    樹木希林と浅田美代子は「時間ですよ」のときからのお付き合いらしく、美代ちゃん・ばあばと呼び合う仲だったそうな。

     

    で、これをインタビューでつづるドキュメンタリー、「健さん」を撮った日比遊一が監督して、まさにドキュメンタリーのような出来上がり。ドラマっぽい部分もあるけど、ほぼほぼドキュメンタリー仕立て。ここが逆に弱点となってしまった。

     

    本編100分ちょいという尺なのに、見ていて「長いな〜、長いな〜、まだ終わらんのか」と、辛気臭いというかダラダラしてるというか、しんどかった。

     

    エリカの母親役で樹木希林自身も出演してるけど、これにも逸話があって、「お母さん役で出てくださいよ」って浅田がお願いしたら「私がでると、企画も出演もとなって『うちうちで』やってるようにみえちゃうでしょ」と最初は断られたが、「私が出ると、映画の『格』が上がっちゃうのよね」というばあばに「そうですよねえ〜」と答えたら逆に出てくれたと。

     

    こういう裏話は全部「女性自身」のサイトからの受け売りですwww

     

    現在63になる美代ちゃんのベッドシーン(えげつないのもあり)は正直「げっ!」やったけど、被害者たちに詰め寄られギャンギャン吠えられる場面での浅田のしれっとした応対の演技はよかったな。

     

    小松政夫の下心ありありの社長は爆笑ものだった!小松の親分さん、そのままやった!!

     

    ってことで、もうちょっとドラマっぽく仕上げていただければ・・・と思うのでありました。

     

    浅田美代子はタバコ吸わないんだろうなあ、このタバコ吸うシーン、めっちゃぎこちなかったもん。

     

    JUGEMテーマ:映画館で観た映画

    2019.06.11 Tuesday

    蒼井優ショック/長いお別れ

    0

      長いお別れ

       

      例の蒼井優ショックで見に行く気がかなり失せたんやけど、「湯を沸かすほどの熱い愛」が2016年の私的TOP10に入ってるぐらいですから中野量太作品見とかねばと行ってきました。

       

      ほぼほぼ「お父さん」と同年代のお客さんばっかりで、僕もそうやけど、コレ見てどう思うんかな〜と。

       

      もうすぐこうなってしまうかも分からん自分が、家族にどう思われるんやろ、まわりにどんなけ迷惑かけるんやろ、放り出されたらどないしょー、こんなふうに家族は支えてくれるんやろか・・・と、恐怖の連続やったんちゃうかな〜。

       

      7年の「長いお別れ」をまわりが耐えられるのか。プライドずたずたに踏みつけられるのをかすかにでも自覚したとき自分は耐えられるんやろか。

       

      なんかね、蒼井優や竹内結子の立場では見られへんからね、無理やり松原智恵子の立場で見ようともしたんやけど、いつまでも清純派、純情派でね、よごれないのよ、彼女は。それはそれでええんやけど、もっとドロドロするんちゃうのん?って。

       

      お父さんのボケを笑ってる間に、どんどんホラー感感じてきてねえ、なんか楽しめんかったわ。ごめん。

       

      やっぱり蒼井優ショックがかなり効いてたんやな。

       

      JUGEMテーマ:映画館で観た映画

       

       

       

       

      2019.06.03 Monday

      2回目ぇ〜/ゴジラ キング・オブ・モンスターズ

      0

        ゴジラ キング・オブ・モンスターズ

         

        オール・ネタバレ

        映画を見たあと、喫茶店で友達どおしでしゃべってるという設定で。

         

        「めっちゃおもろかったなー、え〜?」

        「しかし、あのゴジラが守り神やったゆう設定はどうなん?」

        「そんなことこだわってたらアカンがな。これは東宝チャンピオン祭りやと思て見な。」

        「あ、なるほど。最後のラドンは吹き出しで『えらいすんまへんでした』ゆうてたもんな。」

        「せやで、ゴジラも『お前、調子乗ってんちゃうぞ』ゆうてたやろ。」

         

        「しかし、伊福部昭のテーマ、かっこ良かったな、鳥肌もんやったで。」

        「さらにモスラ〜〜やっ、モスラ〜〜、まで出てくるし。」

        「ブルーオイスターカルトのゴジラに、和風の『せいやっ』とか『ゴージーラァ』とか入れてるカバーもよかったな。」

         

        「キングギドラが最初『モンスター・ゼロ』とか呼ばれてたん、『怪獣大戦争』のX星人やん。めっちゃ昭和ゴジラへのリスペクトやな。」

        「なんの説明もなしにいきなり出てくるオキシジェン・デストロイヤーもそれやろ。」

        「チャン・ツイィーが双子やったゆう設定もザ・ピーナッツやろ。あそこは日本人でやってほしかったな。」

        「チャン・ツイィーは平成ゴジラの三枝さんで、アディソンちゃんはガメラ3のあやな的な感じがしたな。」

        「芹沢博士は初代ゴジラのように最後は自己犠牲やったな。さすがや、渡辺謙。あの意味不明のお母さんも自己犠牲とはな。」

         

        「キングギドラの3本の首、真ん中がボスゆうのも良かったな。」

        「首、ちょんぎられても再生するとは!」

        「だから宇宙怪獣や!っちゅう決め付けはどうかと思うけどな。」

        「最後はその首が環境テロリストの手に渡り・・・って、ゴジラ細胞の奪い合いといっしょやな。次に登場するときはメカ・キングギドラか。」

         

        「モスラは手足があんな武器になるとは予想外やった。」

        「ちゃんとゴジラを助けるところなんか、感動やな。」

        「ついでに幼虫もまた登場して糸はいてキングギドラ戦に参加してもおもろかったやろな。」

         

        「バーニング・ゴジラまで行って、もう光線じゃなくて体全体からの衝撃波というか、メルティング・ヒート・アタックや。」

        「勝手に名前つけるな。ゴジラ対ギドラはちゃんとプロレスしてたな。あれが醍醐味やんな。」

         

        「他の怪獣、どやった?ムートー、生きてたんか?」

        「予告編のあの足はクモンガやったんや。」

        「あのゾウさんみたいな、セサミストリートのマンモスみたいなん、なんや、あれは?」

        「パシフィック・リムに出てきそうな奴らもおったな。結局はザコキャラやけど。」

         

        「いつもゴジラが海に帰っていく理由がわかったんはなんか納得したな。」

        「あんなとこに、あんな空洞があってという。なるほどやね。」

        「しかし、今月からジジイも1,200円に値上げやったな。」

        「100円でも値上げはつらいな。」

        「今度はIMAX3Dで見よか。」

        「そないしょ、そないしょ。」

         

        JUGEMテーマ:映画館で観た映画

        2019.05.31 Friday

        ちがうちがう!と言いながら/ゴジラ〜キング・オブ・モンスターズ

        0

          ゴジラ〜キング・オブ・モンスターズ

           

          そもそも前作からして、その世界観がおかしいのである。

           

          超ネタバレ

           

          ゴジラがどっかの古代国家の守り神であって人間から神と崇められていたとか、おかしいやろ。根本的にそこがおかしいから、キングギドラやらラドンとかが悪者怪獣として出てきて、なぜか人間の味方のモスラとゴジラが悪者と戦うとか、なんでやねんって。

           

          日本のゴジラ文化、怪獣文化を分かってないよ、あいつらは、というかこいつらは。

           

          だから「ちがう、ちがう!そうやないー!」と言いながら見ててんけど・・・

           

          この無理やりの世界観なんかどうでもよくなるほどの、圧倒的な怪獣たちの戦いが楽しい楽しい!めっちゃおもろい!

           

          なんせ話の進み具合がパッパッパーーと、てっとりばやいというか、いらん説明はささーっとやっちゃって、登場人物の心の葛藤なんて分かりやすく表情作ってぱぁーっと済ませて、あんたら、見たいのはこれでしょ?とばかりに怪獣たちの戦いを大迫力と超スピード感で見せてくれるから、そらもう、楽しい楽しい。おもろいおもろい。

           

          軍隊みたいになってるモナークの人間たちが、その縮尺と距離感を無視して怪獣たちにからんでくるのも、ホンマはおかしいねんけど許せるぐらいおもろいおもろい。

           

          とりあえず興奮してるんで、これぐらいにしとこ。

           

          また、行こうっと!

           

          JUGEMテーマ:映画館で観た映画

           

           

          2019.05.24 Friday

          初日の1回目/空母いぶき

          0

            空母いぶき

             

            うーん、どうしても「政治的に」どうか・・・という話になってしまいそうやけど、映画としてどうやったんかゆうことで感想だけ。

             

            はっきりゆうてキャラが多すぎた。

             

            ネタバレ必至

             

            群司令の藤竜也は早々に退場してしまい、後はいぶき艦長と副館長だけの話になるところ、そこへ各護衛艦の艦長やらパイロットやら首相と内閣、官僚、たまたま乗船していたマスコミ2社の二人、コンビニの店長と店員と、いーろいろ出てくる。なかでも各艦長たちがややこしい。

            護衛艦いそかぜの館長は本気になると関西弁が出るというキャラでなかなか良かったし、ネットニュースの斉藤由貴も良かった。コンビニの話もうまいこと挿入されててアクセントにはなった。

             

            けど、やっぱり、あの二人。同じ方向を向いているようで、考え方が違うというところ、もっと鮮明に出して対立させやんとドラマにはならん。

             

            クリムゾンタイドのジーン・ハックマンとデンゼル・ワシントンとまでは言わんけど、ある程度衝突してもらわんと緊張感が・・・。そこへヴィーゴ・モーテンセンのようなキャラが一人だけ絡んでくるとかね。

             

            リアルな戦闘シーンゆうけど、なんか同じパターンの繰り返しやん。潜水艦はやしおの体当たりぐらいやな、どきどきしたのん。あれももっと高嶋政宏のキャラを荒くれ男にしたらおもろかったのに。「おいでなすったな」ぐらいじゃ足りんわ。

             

            佐藤浩市首相もたよりないんかしっかりしてるんか、どっちやねんゆう感じ。あれならシンゴジラの方がまだましや。

             

            ってことで、人間ドラマの部分も戦闘シーンのスペクタクルも「おしい、もうちょっと!」という感想でありました。

             

            ところで、そもそも防衛出動が発令されると、空母の艦長(群司令にはなったけど)があれだけ独断で判断してやってもええもんなの?あぶないなー。そこをもっとつついてサスペンス盛り上げていけたんちゃうんかな〜。

             

             

            JUGEMテーマ:映画館で観た映画

             

            2019.05.16 Thursday

            ジャッキーにこりともせず/ザ・フォーリナー

            0

              ザ・フォーリナー/復讐者

               

              昨日に引き続き、娘を亡くした父親のお話。つらい。

               

              お話はアイルランドの対イギリス・テロ。アイルランドの副首相にアイルランド出身のピアース・ブロスナンを持ってきた監督のマーチン・キャンベルは007/ゴールデンアイで男前のブロスナンと組んだ人。カジノロワイアルではダニエル・クレイグに変更したけどね。

               

              で、ジャッキー・チェン。

               

              娘をテロで亡くしただけじゃなく、その前に悲惨なことがありすぎて完全に老けて笑顔も忘れてる。元特殊工作員という経歴があるからいざ「復讐の鬼」になったらやることに見境がない。徹底してる。でもさすがに年には勝てず・・・というとこらへんがおもろい。

               

              ちょっと話の筋をいじりたおした感があって、分かりにくいとこもあるけど、まあまあ楽しめた。

               

              ただ、ラストシーンの、帰って来たジャッキーを待っていた食堂のおばちゃんとのハグ。なんでキスまでしたん?どーゆー関係やったん?ぎゅうーとハグだけでよかったんちゃう?なんかあそこで恋愛感情持ち込まれたらアカンのんちゃうん?そこがひっかかってしもてなんか後味悪かったな。

               

              JUGEMテーマ:映画館で観た映画

              2019.05.15 Wednesday

              期待したのに/轢き逃げ

              0

                轢き逃げ〜最高の最悪な日

                 

                水谷豊監督・脚本ということで期待大で行きました。

                 

                ところがどっこい、脚本に無理があるなあ〜と。

                2時間ドラマなら許せるけど映画ならもうちょっと練ってほしいというか、即つっこみ入るような「おっかしとこ」が目立って、なんか楽しめんかった。

                 

                ネタバレせん程度に文句ゆうとくと、(1)あいつの動機と計画はまあ無理やり理解してあげたとしても、それが現実にあんなにうまいことというか予想通りというか、万に一つのタイミングでああなるか??

                (2)あの人の境遇というか身分というか環境からして、なんであんなふうに「昭和の女,それも戦時中の女」みたいに待ってますと言えるわけ?そんなに心底惚れてた相手の態度があれなのはなんで??

                (3)あの二人、思いっきり同性愛的に描いておきながら、そこはなんにもなしにしたんは演出がおかしいんとちゃう??

                (4)右京さん、普通のお父さんしてる間はよかったのに、突然「右京さん」に覚醒して、あいつが犯人だと確信して器物破損+家宅侵入までした、その心は??

                 

                あれ?完全にネタバレしとるがな!

                 

                あと、まだあるけど、もうゆわんとくわ。

                 

                岸部一徳と若い刑事の掛け合いはさすが「相棒」仕込みでおもろかったなあ。ここは良かった。

                 

                クローン空撮のシーンがあるねんけど、ちょっと前までは大きな大きな長い長いクレーンでこうやって撮影したんだよぉ〜ってメイキングで自慢してたもんやけど、今では手軽にクローンでできるようになって、なんかありがたみが薄らいだというか、「おーい」の「せやろがい!」みたいにもう誰でも空撮できる時代やねんな〜と。

                 

                そうそう、サブタイトルの「最高の最悪な」というとこだけ見て勝手に轢き逃げやねんけど最後は最高にハッピーエンドとかあるんかな?と思たけど、全然そーゆー意味ではなかったのね。ほんなら、このサブタイトル、いる??

                 

                 

                 

                 

                JUGEMテーマ:映画館で観た映画

                2019.05.14 Tuesday

                戦争ものでゾンビもの/オーヴァーロード

                0

                  オーヴァーロード

                   

                  時は第二次大戦、ノルマンディー上陸作戦、いわゆるD−DAY。米空挺部隊がフランスに降り立ちナチスの通信施設をぶっこわすという戦争もののはずが、なんと通信施設のはずが・・・人造人間兵器研究施設だった〜!

                   

                  ってことで、戦争ものの気配は吹っ飛び、ホラーものの雰囲気ばりばりで人造人間たちがゾンビのように兵士たちにおそいかかるぅ〜〜〜っ!あーえぐぅっ!!

                   

                  なんじゃそりゃ。

                   

                  けったいな話でB級の王道。

                   

                  まあ、たまにはこんなんもええかーという感じでした。

                   

                  あのフランス人女子がいきなり火炎放射器ぶっぱなすシーンはよかったなー。素人でも簡単に扱えるナチスの武器。いいですねwww

                   

                   

                  JUGEMテーマ:映画館で観た映画

                   

                   

                  2019.05.09 Thursday

                  辛抱して・・・コレかいっ!/アベンジャーズ/エンドゲーム

                  0

                    アベンジャーズ/エンドゲーム

                     

                     

                    さあっ、半分死んでしもたアベンジャーズがどうやってサノスをやっつけるのか!?

                    今回はキャプテン・マーベルもおるし、かなり余裕で戦えるのか!?

                     

                    さあっ、始まったけどいきなりトラフィックの「ミスター・ファンタジー」かよ。ガーディアンズ・ギャラクシーっぽいな。

                    まあ、例によってアベンジャーズは前半グダグダとしょーもない話し合いとかが続くのはお決まりで辛抱辛抱。

                     

                    さあっ、そろそろ佳境に入ってきたかな。なんとかストーンも手に入れたし、これで一発逆転か〜?っと、その割にはグングン話が進んで行く感がないな・・・。

                     

                    さあっ、最後の決戦や!生き返った奴らが全員集合や・・・って、ぞろぞろ出てきただけで何の感動もないな。こりゃあ「みなしごハッチ」の最終回に完全に負けとるやないか。数では勝っても内容で完敗じゃ。

                     

                    えっ?ほんで、これで終わりなん?このぐっちゃぐちゃの大乱戦がクライマックスかいな。

                     

                    さんざん辛抱してコレかいっ!

                     

                    なめとんか、マーベル。

                    この程度で「アベンジャーズが終わる」とか大層にゆうて、全然たいしたことないやんけ。もうちょっとストーリー考えて、ひねって、見てるもんが「あっ、なるほど、そう来たか!まいった!」と思わせるような展開にせな。「うわー、ここでこいつが登場するのかーっ」と感動させてくれやな。あ〜あ、残念。

                     

                    感動したのは死んだはずのスタン・リーが出てきたときだけじゃ。

                     

                    JUGEMテーマ:映画館で観た映画

                     

                    2019.04.15 Monday

                    潜水艦ものにハズレなし/ハンターキラー

                    0

                      ハンターキラー〜潜行せよ〜

                       

                       

                      大好きな潜水艦もの

                       

                      海の中、潜水艦の中だけの緊張感あふれる展開がたまらないんやけど、コレは予告編でもバンバン流れてたように、ロシアの大統領奪還というとんでもない設定でかなりの部分に地上戦もあったりして、どやねんろ〜?と半分不安を抱えながらの鑑賞となったが。

                       

                      いや、おもしろかった。

                       

                      話が出来すぎというか、危なくなったらうまいことアレが助けに来るとか、あー万事休すというときにアレが助けてくれるとか、ご都合主義だ!と笑うなら笑え!ドキドキハラハラしながらポンポンとテンポよく進む出来すぎのお話に気分もアゲアゲで最後のクライマックスへ!アクションものはこうでなきゃ〜ね。

                       

                      ジェラルド・バトラー率いるアーカンソーの乗組員もよかったし、助けられたロシアの艦長(ミカエル・ミクヴィスト)もよかったし、ロシア駆逐艦の乗組員もよかったし、気分良かったよ。

                      ただ、ゲイリー・オールドマンの統合参謀本部長?がなんか弱々しくてね、気の毒やったね〜。どうせならもっと悪者に徹してたらよかったのにね。

                       

                      結局これは潜水艦ものというより擬似戦争アクションものだったな。

                      閉ざされた、逃げ場のない空間での生きるか死ぬかのドラマが半分、ネイビーシールズの特殊部隊の活躍が半分やったもんな。

                      まあ、あっというまに終わった感じのスピード感でよかったんちゃう?

                       

                      JUGEMテーマ:映画館で観た映画

                      Calendar
                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      30      
                      << June 2019 >>
                      Facebook
                      Katsumi Imai

                      バナーを作成
                      いまヤンの本棚
                      Selected Entries
                      Categories
                      Archives
                      Recent Comment
                      Recent Trackback
                      Links
                      Profile
                      Search this site.
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered by
                      30days Album
                      無料ブログ作成サービス JUGEM